福岡市小学生バスケットボール連盟 規約  2013年4月現 在      

   第一章   名称
        
     1条  本連盟は、福岡市小学生バスケットボール連盟と称する。


   第二章   目的


     1条  本連盟は、バスケットボールの正しい普及発展と技術向上、並びに健全なる児童の育成を図るものとする。

   第三章   組織


     1条  本連盟は、福岡市において本連盟に加盟している小学生のチームをもって組織する。

     2条  チームは、同一校に在籍、または同一校区に居住する小学生で組織する。 
          ただし、在籍する小学校、または居住する校区にチームがない場合は、以下のようにする。

          (ア) 本連盟登録後に転出し、転出先の小学校または校区にチームがない場合は、もとのチームに 所属できる。

          (イ) 新たに登録を希望する場合は、次の順位で登録を申請できる。

              @ 在籍する小学校、または居住する校区の中学校ブロックチーム
              A 近接する中学校ブロックチーム

          いずれの場合にも、チームの指導者および保護者が理由を明記した申請書を提出した後、常任理事会で審査する。

     3条  本連盟は、福岡市バスケットボール協会、福岡県ミニバスケットボール連盟、福岡県バスケットボール協会に加盟・登録する。



   第四章   事業

     1条  本連盟は、第二章1条の目的を達成するために次の事業を行う。

          @ 各区夏季リーグ戦    A 各区冬季リーグ戦   B 技術講習会   C 指導者講習会  D 審判講習会
          E 市大会           F 夏季交歓大会      G その他本連盟の目的を達成するのに必要な事業
   
                                                                                         
     2条 本連盟の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。



   第五章   役員

     1条  本連盟には、次の役員を置く。
 
          @ 会長1名  A 副会長1名  B 理事長 1名  C 副理事長  若干名   D 常任理事  若干名

          E 総務部長1名  F 事務局長1名  G 会計1名  H 監事 2名  I (各地区長及び部長) J顧問 若干名

     2条  会長、顧問は、常任理事会により推薦し、総会の承認を得て選出される。 会長は本連盟を代表する。

     3条  副会長は常任理事会より推薦し、総会の承認を得て会長が委嘱する。 副会長は会長を補佐する。

     4条  理事長、副理事長は常任理事会より選出し、総会の承認を得て会長が委嘱する。理事長は本連盟の会務を統括する。 
          
     5条  常任理事は、理事長が推薦し、総会の承認を得て、会長が委嘱する。

     6条  理事は、常任理事会で選出、推薦し、総会の承認を得て、会長が委嘱する。

     7条  顧問は、本連盟に重要事項が生じたときに、会長の諮問に応じると共に、必要に応じて各会議に出席し、
          本連盟の発展を見守る。
     8条  会計は、会費の徴収、使途に関わる一切の業務を行う。

     9条  監事は、本連盟の会計監査を年1回以上行わなければならない。

     10条 役員の任期は、すべて2年として、役員の重任、再任を妨げない。

   第六章   会議

     1条  本連盟は、次の会議を置く。

          @ 総会   A 常任理事会  B 理事会  C  代表者会   D 各週部会  E 各区運営会議

     2条  総会は、役員、各チーム代表で構成し、毎年度始め及び、その他会長が必要と認めた時に開催し、本連盟の業務を
          審議決定する。

     3条  常任理事会は、事業運営の必要に応じて、理事長が開催する。

     4条  理事会は、事業運営の必要に応じて、理事長が開催する。

     5条  代表者会議は、事業運営の必要に応じて総務部長が開催し、、各チーム代表者と協議する。

     7条  各区運営委員会は、必要に応じて総務部長、各部長が開催する。

     8条  会議の決議は、出席者の過半数をもって決定する。


   第七章   加盟及び脱退

     1条  本連盟の主催する事業の運営にあたっては、総会の承認により、理事長に委嘱する。

     2条  本連盟より脱退を希望する加盟チームは、会長宛理由書を提出し、常任理事会の承認を受けなければならない。


   第八章   運営

     1条  本連盟の主催する事業の運営に当たっては、総会の承認により、理事長に委嘱する。

     2条  理事会は、常任理事、各部長、副部長、地区長により構成される。

     3条  本連盟に加盟したチームの指導者は、積極的に連盟の発展に寄与する義務を負う。

     4条  本連盟の主催する事業は、別紙に計画書を作成し、チーム代表者に配布し、運営する。


   第九章   会計

     1条  本連盟の経費は各チームの加盟・登録費及び寄付金、その他の収入をもってこれを充当する。

     2条  加盟・登録費は、年度初めに納入しなければならない。

     3条  既納入費はいかなる理由があっても返納しない。

     4条  本連盟の会計年度は、4月1日より3月31日までとし、監査終了後、年度当初の総会において決算方向
          ならびに予算案を提出する。


   第十章   権利と義務

     1条  本連盟に、加盟・登録したチームは、本連盟の主催、共催、主管する事業及び、福岡市バスケットボール協会、
          福岡県バスケットボール連盟の主催する事業に参加すると共に、運営に協力をしなければならない。
          なお、登録は4校までとする。  ※ 改正

     2条  本連盟に、加盟・登録するチームは、スポーツ傷害保険に加入周子とを義務づける。

     3条  本連盟に、加盟・登録するチームは、本連盟の定める規則を遵守するとともに、積極的に連盟の発展に寄与する
          義務を負う。

     4条  本連盟に、加盟・登録するチームは、試合中は勿論、試合会場でのマナーを守るように心がけねばならない。

     5条  本連盟に、加盟・登録するチームは、本連盟の目的をふまえ、自チームは勿論、他チームの児童についても、
          マナーの向上を図らなければならない。(暴力・体罰・暴言等の禁止)守られないときは、理事会・連盟の決定に従って
         処分。 
 
     6条  指導者は、自分の勤務先、指導チームの学校、本連盟に迷惑がかかることがないように最大限の努力をする
          義務がある。勤務先の学校にチームがあっても引き続き前のチームの指導をすることができる。 ※改正
     7条  上記の義務を怠ったり、会議に無断で欠席したり、マナー向上の義務を怠った場合は、1回目は始末書、2回目は
          その処置を常任理事会で決定する。


   附則 

     1条  本連盟の規約改正及び補足、附則は総会の決議により決定する。 決定は、出席者の過半数の同意があればできる。

     2条  本連盟の主催する大会の規則は、日本ミニバスケット連盟、日本バスケットボール協会の規則に準ずる。

     3条  運営機構は、次に示す通りである。(別紙)

     4条  居住小学校校区及び中学校ブロック以外のチームに選手登録後、居住小学校校区及び中学校ブロックにチームが
          設立された場合は、次の通りとする。

     (ア)  居住小学校校区にチーム登録が行われた場合、居住校区チームに移籍しなければならない。 ただし、後期にチーム
          登録があった場合は、その年度に限り在籍チームに選手登録することが出来る。
         
     (イ)  居住小学校校区以外で居住中学校校区に、チーム登録が行われた場合、新たに登録したチームと現在のチームへの
          選手登録を選択することができる。